Website Explorer
ウェブサイト・エクスプローラ

HOME

OVERVIEW

STRATEGY

FLOWCHART

INSTRUMENTS

SAMPLE DATA

DOWNLOAD

LEARNING

INFORMATION

ECHO



Back To the Umechando

- Flowchart -

下図は、スタートアドレスにインターネット上のウェブサイトを指定して探査を実行した場合の Website Explorer の動作プロセスをアウトライン表示したフローチャートです。

Website Explorer ウェブ探査フローチャート
  1. スタートアドレスを指定して探査を開始すると、指定された URL(リクエスト URI)がサーバに問い合わせされます。
  2. サーバが「200 OK」メッセージを返すとページ解析に進みます。「404 Not Found」またはその他のエラーメッセージの場合は、 スタートアドレスならそこで探査終了、その他のファイルの場合はサイト情報のエラー一覧に追加されます。
  3. HTML ソースから検出されたリンクは、リンク先・リンク元データとして蓄積されつつ、 スタートアドレス及び設定の定義に基づいて「内部リンク」(サイト内データ)と「外部リンク」(サイト外データ)に振り分けられます。
  4. 外部リンクの場合はサイト情報の外部リンク一覧に追加されます。 内部リンクの場合は階層構造解析に割り当てられ、ディレクトリツリーをリアルタイムで描出していきます。
  5. サーバから取得したファイル情報に基づき、ファイルが HTML ファイルの場合はリクエスト URI としてサーバに問い合わせされます。 このループは正常に検出されたサイト内 HTML ファイルの数だけ続きます。
  6. 未検査ファイル数が 0 になると(或いはユーザが中止を選択すると)、探査は終了します。 終了時に全データの集計がバックグラウンドで行われます。
前ページに戻る次ページに進む