いわゆる「ら抜き表現」について


「ら抜き表現」とは、「食べれる」「見れる」「出れる」のように、本来「食べられる」、 「見られる」、「出られる」などというべきところを、「ら」を抜いて表現した(とされる) 可能表現のことだ。もちろん口語的表現であり、文章では(普通は)用いられない。

また、地方によって多用されるところもあれば、全く使われないところもあるようだ。私の周囲では、 実は大抵の人がこうした言い方をしている。しかも年齢層に関係なくそうなのであり、決して 若者の流行語といった類ではない。そのため私自身もついついそうした言い方をしてしまうが、 よく言われるように、これは誤った言い方ではないか、という考えがいつも心に引っかかって、 「ら」を付けて言い直そうとする。

「ら抜き表現」は一般に日本語の誤用とされている。私の使っている Atok まで「ら抜き表現」 をチェックするようになっていて、これを書いているときにもチェックされ続けている。(笑) しかし、果たしてこれは「日本語の荒廃」から生じた言い方なのだろうか?というより、 「ら抜き表現」という定義自体が本質を見誤っていないか、と思われてしょうがないのだ。

この(いわゆる)「ら抜き表現」を批判する人はもとより、なぜか「ら抜き表現」擁護派までもが、 「ら抜き表現」(とされる言い方)は誤った日本語、という前提に立って議論している。 だが、「ら抜き表現」という定義自体が間違いだとすれば、そもそも議論は成り立たなくなるのではないか。

私自身は日本語の使い方を気にする方なので、「食べれる」、「出れる」のような言い方に 違和感を感じないわけではない。そしてこの違和感こそが議論の始まりだろう。その一方で、「ら」 を入れた言い方にも違和感を感じないわけではない。「食べられる」は受動、或いは敬語表現のようにも聞こえるからだ。 また、「素直になれない」と言うが、「素直になられない」という言い方は聞いたことがない。 結局は慣用の問題なのだろうか?

「ら抜き表現」が問題とされているのは、 国語学で言うところの終止・連体形が「る」で終わる用言(「蹴る」、「着る」、「起きる」、 「受ける」等々)ばかりなのだが、「ボールを蹴れない」、「いつでも着れる」、「早く起きれた」 などという言い方が「ら抜き表現」であるとして、それらと「行ける」、「言える」、「読める」、 等々との関係はどうなのだろうか?後者も、「行かれる」、「言われる」、「読まれる」というのが 正式の可能表現なのではないか?

少なくとも文語的表現では「パーティーに行かれません」 というのが正規の表現だろうが、口語では「行けません」で通用する。それに、「行かれません」と 「行けません」の間には「ら抜き」の関係が成立しないのだ。「食べれる」、「見れる」などは 「食べられる」、「見られる」の「ら」が抜け落ちた結果のように見えるので、省略表現として 批判の矢面に立ったが、「行ける」、「読める」の方は何となく市民権を得てしまった。

だが「食べれる」、「着れる」も「行ける」、「読める」も根っこは同じだ。つまり、 用言の已然形に「る」がついた形なのである。「ら抜き表現」などではない。 国語学者なら、そんなことは百も承知だろうが、何となく時代の国語浄化運動の波に乗って 「ら抜き表現」批判に加わっている人が多いのではないだろうか?「食べられる」、「着られる」 のような正式の可能表現があるのに、「ら」を省略して簡単且つストレートに言うことを好むのは、 スピードとフィーリングを好む現代のはやりだ、という言い方には確かにインパクトがある。

しかし、これらは本当に「現代のはやり口調」なのだろうか?そもそも「可能表現=受動形」 などという規則をいつ、誰が決めたのだろうか?元来、日本語には可能表現というものはなかった。 というより、人類の言語において可能表現は比較的新しく発達したものだ。 そして日本語の可能表現は、英語の can (原義は「知っている」、「心得ている」)などのように 主語の能動的動作を表す言葉を用いていない。「出来る」という言葉がもともと「出て来る」 に由来しているように、主語の動作の結果と言うよりは成り行きで(自然に)そうなる、 その結果として事態が可能になる、という表現を用いている。 日本語で受動形が可能表現に用いられるようになったのも、「(自分の動作とは無関係に対象が) 自然にそうなる」→「自分にとって可能である」という風に転義したものだ。

古くからある日本語、例えば「折れる」、「切れる」、「割れる」、「解ける」、「焼ける」、 等々を考えてみると、これらは「折る」、「切る」、「割る」、「解く」、「焼く」の已然形に 「る」がついた形であり、それによって主語自らに結果が及ぶような表現、言語学で言うところの 「中間態」的意味を持つ動詞となっている。「折る」、「切る」、「割る」、「解く」、「焼く」 などは自分の行為だが、自分の行為とは無関係に対象が変化することを表すこれらの動詞は、 容易に「それが自分にとって可能である」という意味に転義する。例えば「切れる」は対象自身が 自然に切れることから転じて、自分にとって切ることが可能だ、の意味になる。「切れる太刀」 などの表現は中世の文献に見られるが、実際の用例はもっと古かったに違いない。

「対象自らそうなる」が転じて「そうすることが可能である」を表す已然形+「る」の用法は 可能表現を示す便利な語法として次第にその用例を拡大し、それは正式な国語学では採用されなかったものの、 民衆語に広まり、俚言・方言に残った。それが今日の「行ける」、「読める」、「見れる」、 「食べれる」なのだ。

もちろんこれは仮説であり、実証できない。 間違っている部分もあるかもしれない。だが少なくとも「ら抜き表現」などという定義が そもそも見当はずれであることはわかってもらえると思う。だからといって、「見れる」、 「食べれる」の類を正式な表現として認めろと言っているのではない。「見られる」、「食べられる」 が正規の可能表現であることに異を唱えるつもりもない。ただ「ら抜き」とされている表現への 認識は改めてほしい。

言語は歴史と共に変化する。規則は大切だが、時代に即応した柔軟さも必要だ。「人にあげる」、 「してあげる」などの「あげる」はもともと「上げる」ことだから目上の人に使うべき言葉だ、 「お小遣いを上げる」などと言うのは以ての外だ、と説く人がいるが、いわゆる敬語表現は 今日では相手との上下関係を表すと言うよりは丁寧語に代わっている。「ご挨拶」、「お知らせ」、 「お電話いたします」などの言い方も認めてよいと思う。語源に飽くまでこだわるなら、 「貴様」、「おまえ」などは目上の人に使わなければならなくなるだろう。

[1998/ 2/?]



次のトピックは「シンプルで使えるワンポイント・ソフト」です。

目次 | ← 前のトピック | ↑ページのトップ | 次のトピック →

ご意見・ご質問がありましたら「ザ・掲示板」またはメールにて梅ちゃん堂まで