リンク先ウィンドウサンプル

・ウィンドウ名は、A タグの target 属性、或いは window.open() メソッドで指定したウィンドウ名があれば表示し、なければ「未定義」と表示するようにしています。

・「リンク元 (document.referrer)」は、このページにリンクしたページの URL を表示します。

・親ウィンドウは、window.opener の戻り値が null なら「なし」と表示し、そうでなければ親ウィンドウのタイトル(window.opener.document.title)を表示するように設定しています。

・history.length の戻り値(IE と Netscape で異なります)によって「前ページに戻る」または「このページを閉じる」と表示するようにしています。

・親ウィンドウがある場合は、「親ページの背景色を変更」「親ページのURLを変更」ボタンが表示されているはずです。

・詳細はソースをご覧下さい。