スタイルシート非表示ユーザに対応するには


最近は Web ページの制作にスタイルシート(CSS)を使用しているサイトが多くなりました。 フォントサイズの多様な指定や行送りサイズ、インデントの指定など、HTMLでは出来なかった表現が出来ること、 外部スタイルシートを使えば編集が容易になること、ダイナミックHTMLがしばしばスタイルシートの補助を必要とすること、 HTML4.0が Web ページのビジュアルな表現にスタイルシートの使用を推奨していること、などがその理由でしょう。

最近の Web ブラウザの多くがCSSに対応しています。従って閲覧者もまた、 それと意識することなくスタイルシートの豊かな表現力を体験していることになります。しかし少数かも知れませんが、 スタイルシートをサポートしていないブラウザのユーザ、或いはブラウザがサポートしていても、 その機能をオフにして使用しているユーザもいます。

もしあなたのホームページがスタイルシートによるレイアウトに強く依存していて、 スタイルシートの助けなしで見るとレイアウトが大きく崩れてしまう場合はどうでしょう? スクリプトをサポートしないブラウザに対しては <NOSCRIPT> タグが、 フレームをサポートしていないブラウザに対しては <NOFRAMES> タグが用意されています。 それと同じように <NOSTYLE> タグ(?)って無いのでしょうか?

現状では無いようです。でもそれに代わる方法はあります。 CSSの "display:none" という表示指定を使うのです。 この指定を受けたタグはスタイルシート対応ブラウザでは画面に表示されないし、 一方スタイルシート未対応ブラウザはそのまま表示してしまいます。つまり <NOSTYLE> タグに相当する役目をします。 例えば、

<P style="display:none"> このページはスタイルシートでレイアウトしています。スタイルシート未対応ブラウザをお使いの場合や、 作成者スタイルシートの表示がオフになっている場合は正確に表示されない可能性があります。</P>

のようにします。指定するタグは <P> タグでなくてもかまいません。

このような注意書きは別にそのまま表示しても良いのですが、スタイルシートに詳しくない人は、 自分の使用しているブラウザがスタイルシート対応かどうか判らず、かえって当惑させる可能性もあります。 その意味でも上記のテクニックを使うことは効果的でしょう。




次のトピックは「フレーム2題」です。

目次 | ← 前のトピック | ↑ページのトップ | 次のトピック →

ご意見・ご質問がありましたら「ザ・掲示板」またはメールにて梅ちゃん堂まで